盆休み明けにエアコンが故障、室温が35度に!

「困りました、エアコンが壊れたようです。」
と、お客様から連絡のメールが届きました。

メールを読んでみると、このような内容が書いてあります。

  • 16日まで夏季休暇(お盆休み)で、出勤してきてエアコンのスイッチを入れると、動かない。
  • テナントビルの一室の事務所なので、受付に行くと、他のテナントからは同様の故障の連絡は来ていない。
  • 室温は、お昼過ぎに33度を記録、28度を余裕で超えている。

人事総務のご担当者は慌てた様子で、電話をいただきました。
「桑野さん、もう、メール読んでいただきました?」

ビルの管理会社にエアコンの点検か修理か何かを頼んだところ、エアコンの部署?会社?が来てくれるのは、明日(今日)の午後だそうで。
(個人的には早いと思いますが…。)

なぜ、人事総務のご担当者が焦った感じになっているのか?
その理由は、「事務室の温度は摂氏28以下でないといけない」と思い込んでいたせいで、従業員・社員からクレームがすでに来ているという。このままだと、午後には35度を超えそうな勢い。
(残念ながら、このお客様の該当事業場は50人に満たないんです。衛生管理者は一人も持っていません。)

大阪社労士事務所・盆休み明けにエアコンが故障、室温が35度に!

ちょうど事務所衛生基準規則の改正が1年半ほど前にあったので、資料を貼っておきます。
▶厚生労働省:職場における労働衛生基準が変わりました

温度の関係は、こういう感じです。

職場における室内温度基準にかかる労働衛生基準が変わります
(1)事務所則の一部改正
事務所則第5条第3項において、事業者は、空気調和設備を設けている場合は、労働者を常時就業させる室(以下「室」という。)の気温が「17度以上28度以下」になるように努めなければならないこととされているところ、室の気温の基準を「18度以上28度以下」に改めたこと。
なお、空気調和設備を設けている場合以外であっても、冷暖房器具を使用2することなどにより事務所における室の気温は18度以上28度以下になるようにすることが望ましいこと。
(2)施行期日 令和4年4月1日から

はい、お分かりのように「努力義務」です。
ご担当者にその旨を伝えたところ、Google検索でも確認したようで、安心されていました。ただ、他の従業員・社員からのクレームは例え1日2日でも止まらないので、何台かサーキュレーターを買いにスタッフと難波方面に行くとか。

(梅田だと某大型店だけしか思い浮かびませんが、難波だと大型店がいくつかありますから。サーキュレーターなら、ホームセンターでも扱ってません? 事務機屋に頼むと時間が掛かるらしい…。)

まあ、勘違いで済みましたが、この気温は我慢できませんわね。今日中にちゃんと動くように祈っておきます。
余計な出費と時間と手間が掛かります~。

※守秘義務の関係で、いろいろと脚色しています。

労務相談顧問
就業規則の作成・変更・見直し
ハラスメントの外部相談窓口


大阪社労士事務所

【大阪社労士事務所は、就業規則・労務相談をメイン業務とする社会保険労務士事務所です。】

年次有給休暇の管理、有休の計画的付与制度の導入、働き方改革の支援、就業規則の変更・見直し、各種規程の策定も行っています。
労働条件自主点検表が送付された場合の対応もおまかせください。

ご相談・ご依頼は、ご遠慮なくどうぞ。

まずは、「お問い合せ」フォームから。
依頼・委託を決めておられる場合は、電話 06-6537-6024(平日9~18時)まで。
不在時は、折り返しお電話させて頂きます。

貴社の人事労務の問題点をチェックします

外部から人事労務の問題点を指摘される前に、労働トラブル発生の前に、企業の人事労務問題点を監査します。是非、ご相談ご利用ください。▶人事労務監査
(社会保険労務士は、企業の経営労務監査をサポートします。M&Aデューデリ、事業承継デューデリにも対応。)

a:180 t:1 y:0