2020年・助成金の税務処理

同業者の社会保険労務士から、ふと質問を受けました。
「今回、新型コロナウイルスの関係で雇用調整助成金を受けるんだけれど、この助成金って税務上ではどんな扱いになるの?」

って、税金のことなら税理士さんに訊くのが一番なのですが、個別の相談では無かったので、答えました。

ちなみに、1年ほど前にも同じような記事をブログにアップしていました。
助成金の税務処理

助成金小冊子の「助成金活用のポイント」にも、昔は税務処理について記載していました。
(なぜ、記載しなくなったのかと言うと、助成金の種類が実質的に増えてしまい、ページ数が足りなくなったので。出版元の清文社さんは税務に強い出版社なので、税務についても入れていました。←私が書いたのではなく、編集担当者さんが頑張ってくれました。)

平成20年版ですが、こんな感じで掲載していました。
最終は、平成23年版だったと思うのですが、なんとなく。
大阪社労士事務所・2020年雇用調整助成金など助成金の税務処理、助成金活用のポイント平成20年版から
★令和2年版には、掲載されておりません。悪しからず、ご了承ください。

雇用調整助成金は、平成20年版でも「雇用調整助成金(44)」とあるように、収益計上時期は休業手当を支払った時期と同じです。預金口座に振り込まれた時期に計上してはいけないと言うことです。科目は、雑収入。

テレワーク助成金(働き方改革推進支援助成金(テレワークコース))は、どうなるでしょうか。新型コロナウイルスの関係で特例も設けられたので、ご利用なさった企業様も少なくないと思います。雇調金と違い、支給決定があったタイミングで計上?

詳しいことは、顧問税理士の先生にお尋ねいただくのがベストです。前回にも書いたのですが、税理士の先生によっては「着金したときに計上すればエエよ」とも。

労務相談顧問
就業規則の作成・変更・見直し


大阪社労士事務所

【大阪社労士事務所は、就業規則・労務相談をメイン業務とする社会保険労務士事務所です。】

年次有給休暇の管理、有休の計画的付与制度の導入、働き方改革の支援、就業規則の変更・見直し、各種規程の策定も行っています。
労働条件自主点検表が送付された場合の対応もおまかせください。

ご相談・ご依頼は、ご遠慮なくどうぞ。

電話 06-6537-6024(平日9~18時)
不在時は、折り返しお電話させて頂きます。
または、「お問い合せ」フォームから。

貴社の人事労務の問題点をチェックします

外部から人事労務の問題点を指摘される前に、労働トラブル発生の前に、企業の人事労務問題点を監査します。是非、ご相談ご利用ください。▶人事労務監査
(社会保険労務士は、企業の経営労務監査をサポートします。)

働き方改革の情報も、就業規則見直しセミナー

次回のセミナー開催は、8月5日です。セミナーだけでなく、個別相談の対応も行っています。働き方改革対応セミナーも、同日開催。内容は、「簡単わかりやすい同一労働同一賃金の対応」になります。

「働き方改革の実務対応セミナー」「就業規則見直しセミナー」の講師も承っております。

a:139 t:1 y:1