社員アンケートを、手際よく実施する

実は、アンケート大好きな私桑野です。ポイントがもらえるから??

社員アンケートですが、ほとんどの企業様では実施に至りません。紙ベースでしようが、匿名性の高いウエブタイプでも、反対の声が出ます。反対の声は、従業員・社員の側からだけでなく、実施する会社側・人事労務担当者からも。

※こんなことを書くのは、ある経営コンサルタントさん(達)が「社員アンケートを実施することなんて、簡単だ」「悪い回答はほとんど無い」と言われたので。事実ならそれは良いのですが。数千名規模の上場会社なら別問題(無関係?)です。

弊所のお客様やお問い合せやご相談をいただいた企業様の声は、こんな感じでしょうか。お手軽な問題解決の方法として、社員アンケートをご提案することもあります。

  • 人数が30名様ぐらいまでの企業様
    • 誰が回答したか、見れば分かる。
    • 誰も、回答したがらないのでは?
    • ウエブタイプのアンケートにすると、アンケート画面までたどり着かないのでは。
  • 人数が数百名ぐらいの企業様(非上場非公開企業です)
    • 集計が面倒ではないか(YESorNOだけのアンケートは無理では?)
    • 個人批判になってしまうおそれがある。

大阪社労士事務所・社員アンケートを、手際よく実施する

人数に関係なく、言われることがあります。それは、「社員アンケートを過去に実施したことがない」「寝た子を起こしたら、どうする」です。

最初は、従業員・社員の意見を聞きたいと言うことで、弊所・大阪社労士事務所へご相談いただきます。抽出しての座談会や、全員対象のアンケートなのか、選択肢を示して。打ち合わせの場でどこからともなく反対の声が出てきて、社員アンケートの実施に至りません。おそらく、社内での実施合意ができていなかったけれど、ご相談いただいた結果でしょうか。ご担当者レベルでも、経営幹部レベルでも、「やっぱり…」と言うことに。

あるいは、制度導入や制度廃止の場合も、ほかの事項と合わせてアンケートで意見を聞こうとするのですが、なかなか…。

社員アンケートで実施できたのは、長時間労働で労働基準監督官から是正勧告・是正指導を受けた場合くらいと言って良いかもしれません。匿名ではなく、実名での実施ですが、個別のヒアリングですから、できて当たり前ですね。

社員アンケートを手際よく実施するには

  • 社内合意またはトップダウンで、計画する
  • 批判的な回答が出てきても受け止める
  • 事前に、総務・人事部門の最少人数でテスト実施して、項目の見直し・練り直しを
  • 択一方式だけにできれば良いが、聞きたい内容によっては記述式も
  • 紙ベースでなく、Googleフォームなどでのウエブタイプのアンケートに

企業内に労働組合があれば、労働組合が組合員アンケートなどを実施していることもありますが、生情報は会社側に提供されません。

ちなみに、過去にご相談を受けた「アンケートで知りたい内容」は、こんな感じです。

一番効果的・有意義だと思う、従業員・社員の退職時に「本当の退職理由」を聞くアンケートも実施には至っていません。理由は、…。


大阪社労士事務所

【大阪社労士事務所は、就業規則・労務相談をメイン業務とする社会保険労務士事務所です。】

年次有給休暇の管理、有休の計画的付与制度の導入、働き方改革の支援、就業規則の変更・見直し、各種規程の策定も行っています。
労働条件自主点検表が送付された場合の対応もおまかせください。

ご相談・ご依頼は、ご遠慮なくどうぞ。

電話 06-6537-6024(平日9~18時)
不在時は、折り返しお電話させて頂きます。
または、「お問い合せ」フォームから。

貴社の人事労務の問題点をチェックします

外部から人事労務の問題点を指摘される前に、労働トラブル発生の前に、企業の人事労務問題点を監査します。是非、ご相談ご利用ください。▶人事労務監査
(社会保険労務士は、企業の経営労務監査をサポートします。)

働き方改革の情報も、就業規則見直しセミナー

次回のセミナー開催は、10月4日です。セミナーだけでなく、個別相談の対応も行っています。働き方改革対応セミナーも、同日開催。

「働き方改革の実務対応セミナー」「就業規則見直しセミナー」の講師も承っております。

a:90 t:2 y:1