「なんで、薬剤師になるんでしょうか?」

もしかしたら、今日のブログ記事は薬学部や薬剤師に関係する方、ドラッグストアに関係する方にとっては、反感を買ってしまう内容かも知れません。もし不愉快に感じられた場合も含め、あらかじめお断りしておきます。






ある企業の事務担当者さんと会話をしていて、質問があったことです。
「なぜ、薬剤師になって、ドラッグストアに勤めるんでしょうか?」

その事務担当者さんに言わせると~

  • 難しい薬学部に行って、薬剤師の試験にも通って、なんで?
  • 普通は、製薬会社に行って研究開発をしたり、大きな病院で薬剤の専門家として活躍するのでは?
  • ドラッグストアって、立ちっぱなしだし、長時間だし、大変そうに思えるけど?

「ホンマですよねえ」で済ます方法もありますが、あまりにも単純な発想だったので、真面目に対応してみました。

大阪社労士事務所・「なんで、薬剤師になるんでしょうか?」

ここに書いていることは、私桑野の感覚で書いています。

  • 仕事を選ぶに当たって、いろいろな事情がある
    パートタイムでしか働けない何らかの事情がある(時給は一般事務より良いです)、向き不向きがあり接客すること自体が好きな方もいる、奨学金の返済のため(あるらしいです)、などなど。
  • 薬品の研究開発は薬剤師だけではない
    少し考えれば分かることですが、医師(医学部)もいるし、工学部や理学部、農学部を出て研究開発に携わる方も。薬剤師さんだけではないのは、当たり前でしょうか。
  • 大きな病院での勤務
    「向き不向き」「合う合わない」もあると思います。←経験がないので上手く語れません。時には、夜勤もありますし、それがイヤな場合も。

「もったいないと思いません?」と、事務担当者さん。
確かに、私の感覚だと薬学部って偏差値が高い、私学なら学費も高い、おまけに今は6年間(確か私の高校時代は4年制だったような気が)、いや確かにもったいない気がしてきました…。

その事務担当者さんがポツリと、
「実は私、大学受験の時に薬学部をいくつか受験したんですが、全部不合格だったんです。それで、今はこんな仕事(事務担当)に就いてるんです。(←全然悪い仕事だとは思いませんが:桑野注) 何か『もったいないな』と思って。それだけなんです。」

それを言い出すと、法学部を出て弁護士になっていない、教育学部を卒業して学校の先生になっていない、工学部を出てエンジニアになっていない、世の中にはいっぱいいますね。防衛大学校出ても、自衛官に任官されてない方も周辺でさえチラホラ。

20年以上昔に知り合いの薬剤師の女性と会話をしていて、薬剤師になった理由は「親が手に職を付けとけって」、それを思い出しました。 

最終的には、「職業選択の自由がありますから」。
世の中のためヒトのためになっているので、また薬剤師の資格自体を使っているので、全然良いと思います!

労務相談顧問
就業規則の作成・変更・見直し
ハラスメントの外部相談窓口


大阪社労士事務所

【大阪社労士事務所は、就業規則・労務相談をメイン業務とする社会保険労務士事務所です。】

年次有給休暇の管理、有休の計画的付与制度の導入、働き方改革の支援、就業規則の変更・見直し、各種規程の策定も行っています。
労働条件自主点検表が送付された場合の対応もおまかせください。

ご相談・ご依頼は、ご遠慮なくどうぞ。

電話 06-6537-6024(平日9~18時)
不在時は、折り返しお電話させて頂きます。
または、「お問い合せ」フォームから。

貴社の人事労務の問題点をチェックします

外部から人事労務の問題点を指摘される前に、労働トラブル発生の前に、企業の人事労務問題点を監査します。是非、ご相談ご利用ください。▶人事労務監査
(社会保険労務士は、企業の経営労務監査をサポートします。)

働き方改革の情報も、就業規則見直しセミナー

次回のセミナー開催は、6月4日です。セミナーだけでなく、個別相談の対応も行っています。働き方改革対応セミナーも、同日開催。内容は、「簡単わかりやすい同一労働同一賃金の対応」になります。

「働き方改革の実務対応セミナー」「就業規則見直しセミナー」の講師も承っております。

a:778 t:1 y:1