ビル名の変更が増えています

36協定届をポチポチ作成している中で、ふと思ったのが「この被一括事業場番号、えらい番号が飛んでる」。気になったので、お客様にハンコをもらい労働基準監督署へ。
(昨年は、急いでたので疑問に思わず、いただいた番号で記入~。)

労働保険の一括を行っている場合
▶滋賀労働局:労働保険継続事業一括認可等の確認照会について
★大阪労働局にはなかったので。このワードファイルには、ロックがかかっていますので、解除してください。パスワードは不要でした。

役所へ届け出る書面に押印は省略、不要になっていますが、社会保険労務士(大阪社労士事務所桑野)に委任してリストを要求する形になりますので、代表者印を押印いただきました。

2年ほど前に兵庫労働局管内でやったときには「局に提出してくれませんか?」と言われた記憶がありますが、今回は大阪労働局の管内で。送付用の封筒を持っていきました。←って、印刷日時は持っていった日で、公文書送付書を付けるから日数いるのでは??

大阪社労士事務所・ビル名の変更が増えています

チェックしたのは労務相談顧問のお客様なのですが、親(本社)を入れて7事業場(7事業所)のうち、なんと3カ所ビル名が変更されています。

伺うと、ビルのオーナーが投資ファンドに買われたり、他事業を営んでいる事業会社が不動産を売却したりで、ビルの名称が次々に変更されているそうです。1カ所は「ビル名の区別を付けるため、別館に名称変更」って。そういや、お客様の本社は、昔は大阪でも有名な企業名が付いたビルに入っておられました。

あっ、一括の整理番号は全く問題無し。でも、なんで、1ケタの事業場が一カ所を除き無くなってしまったのか、不明です。東京なんて、随分前からあるはずなのに…。
(私が顧問社会保険労務士になってから、事業場の増減はありません。)

ビル名、注意しましょう。

労務相談顧問
就業規則の作成・変更・見直し


大阪社労士事務所

【大阪社労士事務所は、就業規則・労務相談をメイン業務とする社会保険労務士事務所です。】

年次有給休暇の管理、有休の計画的付与制度の導入、働き方改革の支援、就業規則の変更・見直し、各種規程の策定も行っています。
労働条件自主点検表が送付された場合の対応もおまかせください。

ご相談・ご依頼は、ご遠慮なくどうぞ。

電話 06-6537-6024(平日9~18時)
不在時は、折り返しお電話させて頂きます。
または、「お問い合せ」フォームから。

貴社の人事労務の問題点をチェックします

外部から人事労務の問題点を指摘される前に、労働トラブル発生の前に、企業の人事労務問題点を監査します。是非、ご相談ご利用ください。▶人事労務監査
(社会保険労務士は、企業の経営労務監査をサポートします。)

働き方改革の情報も、就業規則見直しセミナー

次回のセミナー開催は、4月5日です。セミナーだけでなく、個別相談の対応も行っています。働き方改革対応セミナーも、同日開催。内容は、「簡単わかりやすい同一労働同一賃金の対応」になります。

「働き方改革の実務対応セミナー」「就業規則見直しセミナー」の講師も承っております。

a:339 t:1 y:0