自己都合の退職届があれば、万事うまく行く?!

ホームページを見ていただいた企業の社長様から電話をいただきました。折り返し、電話をすると「離職票だけ作成して欲しい。」というご相談。

今まで社会保険・労働保険に関する手続きや就業規則の類いも一切社会保険労務士に依頼したことがないという企業様。今回「離職票=雇用保険の資格喪失届」だけ作成と提出を依頼したい、と。
(弊所・大阪社労士事務所の場合、電子申請ですので、作成=提出です。が、、、、、)

今後ずっと依頼されるのか伺ったところ、「今回の分だけ」で次からは従来どおり自社で手続きするらしく。益々謎(?)は深まるばかりです。

で、電話の向こう側から確認をされました。
「自己都合退職だと、助成金の受給に影響しませんよね? ちゃんと退職届も手元にありますので。」

助成金も社会保険労務士に依頼せずに手続きされたのでしょうか。それなら、喪失届・離職票で作成依頼する必要もないのでは、と余計な心配をしてしまいました。まあ、取りあえず「はい」です。

大阪社労士事務所・自己都合の退職届があれば、万事うまく行く?!

助成金が、キャリアアップ助成金と雇用調整助成金周辺だと言うことはお話しいただけました。

その翌日(最近、ヒマなので)、社長様が庶務の担当者とご一緒に来所。庶務のご担当者からポロッと言葉が出ていました「事業所をいくつか閉鎖するので」退職させるのだと。

ただ、退職届の理由は「一身上の都合」と印刷された書面に、従業員さんのハンコが押してあります。名前は、印字されてるモノも、自署のモノも。事業所閉鎖のことを聴いてしまったら、確認するしかありません。退職周辺の事情を知らなければ良かったと思いました。

社長様が「いや、自己都合、一身上の都合で退職届出てるから、何も問題ないでしょ。」と言われました。
「リスクありますよね。職安の窓口でもめたりするかも知れませんよ。」と私。「事業所閉鎖の話しを耳にしなければ、何も無く受託しましたけど、これ(退職届の理由)だと理由が違いますよね。」

社長様「帰ろ!」
ササッと、その企業のお二人は帰ってしまわれました。

「真意」かどうかは別として、退職理由は見せていただいた退職届からしか判断できません。が、ご担当者の「事業所閉鎖」の言葉をキレイに忘れる事はできません。何で社会保険労務士に依頼しようとしたの?←まさか何かあったとき社会保険労務士に?? 言葉ぶりでは、人事異動も転勤・配置転換もきっと検討してないと思います、従業員さんの住所地を見た限りでは。整理解雇の4要素なんて理屈は申しませんが、書類の作成で退職理由にズレが生じているのは…。

もちろん、その後、どうなるのかは分かりません。
でも、ネットで調べれば「事業所閉鎖 退職」でいろいろ出てきます。

何しろ、従業員さんご本人の基本手当の受給に影響大ですから、普通は調べますよね。だから、リスクあるんです。キャリアアップ助成金の受給や雇用調整助成金の助成率が、会社都合だと受給できなくなったり、助成率が下がるのはイヤなことですけど。

他の社会保険労務士でも、離職理由の原因を聞いてしまうと、同じ事を言ったと思います。

弊所・大阪社労士事務所の社会保険労務士顧問業務(手続顧問)は、貴社の事業運営に必要な「指摘」は行います。改善に前向きな企業様・社長様には最適です。そうでなければ、ただの「代行屋」になってしまいます。代行屋をご希望の際は、「代行だけで」とお申し出くださいませ。

※守秘義務の関係で、脚色しています。原型を留めていないレベルです。

労務相談顧問
就業規則の作成・変更・見直し


大阪社労士事務所

【大阪社労士事務所は、就業規則・労務相談をメイン業務とする社会保険労務士事務所です。】

年次有給休暇の管理、有休の計画的付与制度の導入、働き方改革の支援、就業規則の変更・見直し、各種規程の策定も行っています。
労働条件自主点検表が送付された場合の対応もおまかせください。

ご相談・ご依頼は、ご遠慮なくどうぞ。

電話 06-6537-6024(平日9~18時)
不在時は、折り返しお電話させて頂きます。
または、「お問い合せ」フォームから。

貴社の人事労務の問題点をチェックします

外部から人事労務の問題点を指摘される前に、労働トラブル発生の前に、企業の人事労務問題点を監査します。是非、ご相談ご利用ください。▶人事労務監査
(社会保険労務士は、企業の経営労務監査をサポートします。)

働き方改革の情報も、就業規則見直しセミナー

次回のセミナー開催は、10月5日です。セミナーだけでなく、個別相談の対応も行っています。働き方改革対応セミナーも、同日開催。内容は、「簡単わかりやすい同一労働同一賃金の対応」になります。

「働き方改革の実務対応セミナー」「就業規則見直しセミナー」の講師も承っております。

a:221 t:2 y:1