シュレッダーでカットされた書類の復元

今回は、お客様とのやり取りから出てきたネタではありません。高い視聴率をたたき出す、あのドラマから。

某金融機関の調査において、シュレッダーでカットされた書類を、某役所の職員が書類の復元にチャレンジ。見事に復元していました。
 ↓
人事労務や総務、経理の担当者なら、あのシーンを見て「ギクッ」としませんでしたか? 「あんな簡単に復元できるわけ無いやろ」と突っ込みを入れていましたか?
 ↓
探してみたら、「UNSHREDDER」というソフトウエアがありました。
https://www.unshredder.com/
(海外のサイトです)

私は、あのシーンを見ていて、特定個人情報等取扱規程(マイナンバーを含む個人情報の取扱規程)を見返しました、翌日月曜日の朝ですが。

はい、マイナンバーがフッと出てきたんです。

大阪社労士事務所・シュレッダーでカットされた書類の復元(この画像は最近も使用)

廃棄の規定では、企業様によって違うとは思いますが、参考まで。
●厳しめな表現では、
特定個人情報等が記載された書類等を廃棄する場合、焼却又は溶解等の復元不可能な手段による。
●まだ易しめな表現なら、
特定個人情報等が記載された書類等を廃棄する場合、焼却、溶解、復元不可能な程度に細断可能なシュレッダーの利用又は個人番号部分を復元できない程度のマスキングを行う。

いずれにしろ、復元できてしまうと、マイナンバーが記載された書類の廃棄は規程上アウトです(今では個人情報もですが)。廃棄は、この取扱規程に沿って対処しなければならないんです。

マイナンバーの登場直前に「取扱規程は100名までなら作成を求められないが、就業規則としての位置付けなら10名でも必要です」と、私は一人大声を上げていました。無いと、困るので。

溶解や焼却なら復元はできませんが、実際に溶解や焼却されたことの確認が必要です。シュレッダーを使うなら、アスクルやカウネットのカタログにも表示されていますが、「マイクロクロスカット」のシュレッダー機種を使いましょう。カタログにはカットサイズも表示されているので、イメージしやすいと思います。

今一度、特定個人情報等取扱規程と現実の対応が合っているのか、合っていないのか。再確認していただきたいところです。

労務相談顧問
就業規則の作成・変更・見直し


大阪社労士事務所

【大阪社労士事務所は、就業規則・労務相談をメイン業務とする社会保険労務士事務所です。】

年次有給休暇の管理、有休の計画的付与制度の導入、働き方改革の支援、就業規則の変更・見直し、各種規程の策定も行っています。
労働条件自主点検表が送付された場合の対応もおまかせください。

ご相談・ご依頼は、ご遠慮なくどうぞ。

電話 06-6537-6024(平日9~18時)
不在時は、折り返しお電話させて頂きます。
または、「お問い合せ」フォームから。

貴社の人事労務の問題点をチェックします

外部から人事労務の問題点を指摘される前に、労働トラブル発生の前に、企業の人事労務問題点を監査します。是非、ご相談ご利用ください。▶人事労務監査
(社会保険労務士は、企業の経営労務監査をサポートします。)

働き方改革の情報も、就業規則見直しセミナー

次回のセミナー開催は、10月5日です。セミナーだけでなく、個別相談の対応も行っています。働き方改革対応セミナーも、同日開催。内容は、「簡単わかりやすい同一労働同一賃金の対応」になります。

「働き方改革の実務対応セミナー」「就業規則見直しセミナー」の講師も承っております。

a:53 t:4 y:1