マスク着用義務化なら、その費用負担は?

新型コロナウイルスの関係で、緊急事態宣言が解除されました。第二波も必ず来ると言われていますが、素人の社会保険労務士には、なんとも。

さて、「社内でのマスクの着用を強制するなら、そのマスク代は誰が負担する?」という素朴なご相談をお客様からいただきました。「別に大した問題ではないでしょ」と反応もあるのかも知れませんが。
私も新型コロナウイルス以前は、マスク反対派(伊達マスクの)でした。

一応の理屈では、「会社側が費用負担する」が主流です。Google検索してもらうと、分かりやすく説明されている弁護士事務所などのページが出てきます。

大阪社労士事務所・マスク着用義務化なら、その費用負担は?

個人的には、直接の費用負担までは。。。。。
(先週ダイソーに50個入り2200円のマスクが売っていました。1か月の所定労働日数が20日なら880円?)

  • 国から支給された布製マスクがある(昨日現在、私の家には未配達)
  • 事業主・企業側には「安全配慮義務」があり、従業員・社員には「自己保健義務」がある
  • 万が一、月額で費用負担すると、例のごとく残業代単価に影響する

現実問題としては、「不織布製のサージカルマスクを現物支給する:希望者のみ」が良いような気がします。スポンジ製マスクはフィルターが入っていないと、全く何の効果もないようですので、ご注意ください。

事務用机の仕切り板を希望する従業員・社員がいる場合は、「ダンボールで切って作ってください」と。圧迫感があるとも言われましたが、透明なプラスチックなどの仕切り板は高いそうですので。

そうそう、あるお客様で言われたのが「個別包装のマスクを希望します」って。それなら、自分で用意するのが良いのでは…。

労務相談顧問
就業規則の作成・変更・見直し

「事務所衛生基準規則がありますので、3密対策を取る場合は、規則を念頭に。」
内閣官房業種別ガイドライン


大阪社労士事務所

【大阪社労士事務所は、就業規則・労務相談をメイン業務とする社会保険労務士事務所です。】

年次有給休暇の管理、有休の計画的付与制度の導入、働き方改革の支援、就業規則の変更・見直し、各種規程の策定も行っています。
労働条件自主点検表が送付された場合の対応もおまかせください。

ご相談・ご依頼は、ご遠慮なくどうぞ。

電話 06-6537-6024(平日9~18時)
不在時は、折り返しお電話させて頂きます。
または、「お問い合せ」フォームから。

貴社の人事労務の問題点をチェックします

外部から人事労務の問題点を指摘される前に、労働トラブル発生の前に、企業の人事労務問題点を監査します。是非、ご相談ご利用ください。▶人事労務監査
(社会保険労務士は、企業の経営労務監査をサポートします。)

働き方改革の情報も、就業規則見直しセミナー

次回のセミナー開催は、7月6日です。セミナーだけでなく、個別相談の対応も行っています。働き方改革対応セミナーも、同日開催。内容は、「簡単わかりやすい同一労働同一賃金の対応」になります。

「働き方改革の実務対応セミナー」「就業規則見直しセミナー」の講師も承っております。

a:494 t:1 y:5