身元保証書に書く上限額は、いくらが適切か

この4月から民法の改正により、身元保証書に損害賠償額の上限額(極度額)を記載する必要があります。記載しなければ、その身元保証契約は無効になります。法的なことについては労働関係に明るい弁護士先生がネットに詳しい記事を書かれていますので、検索でどうぞ。

記載自体は、今お使いの身元保証書に1行加える程度で大丈夫です。
「本保証に伴う賠償限度額は金◯◯円とします」
たったこれだけです。

賠償限度額は、前後の文脈に応じて上限額(極度額)などに修正してください。

さて、金◯◯円にいくらの金額を書けば良いのか、この3月に入ってから弊所・大阪社労士事務所のお客様から電話をいただいたり、打ち合わせ時に質問を受けたり。

この上限額に関しては、公的な調査・アンケートの類いは見つからず、私桑野の主観と独断と偏見で書きますと。。。。。

  • 年収相当額
    見込みでざっと書きます。新規採用なら300万円とか、中途採用・幹部候補生なら400万円500万円になるでしょうか。「年収相当額」と書いては無効と判断されるリスクがあります。
  • 月額基本給の12か月分
    年収相当額に近い額になるかと思いますが、より明確な金額になります。基本給が20万円なら、240万円と記載します。

大阪社労士事務所・身元保証書に書く上限額は、いくらが適切か

社長様や総務部長様によっては、「3か月ぐらいでええんちゃうの?」とか「100万円がキリが良くない?」と言われます。あまりに少額だと、身元保証の意味合いが薄れます。

逆に、「1億円とか、書いても良いなら、どう?」とも言われます。が、身元保証人になってくださる方が親御さんだとしても、逆に非常に高額だとこれまた面倒な問題も出てきます。公序良俗違反と言われる可能性もあるようですが、正直社会保険労務士である私にはよく分かりません。

あとは、身元保証書のあり方。
「他の企業さん、身元保証書とってます?」と訊かれますが、社歴(創業からの年数)が長い企業様や、きっちりしておきたい企業様は身元保証書を採っています。場合によっては、2名様とか、印鑑証明書付きで、とか。
(就業規則の入社時必要書類にリストしてあれば、提出いただくのが筋かと。「悪い人間じゃないので、お世話になります」と言うのは古い考え方でしょうか、身元保証をするのはそういう意味で。)

「身元保証人の方が見つからない場合は、遠慮なく総務部採用担当までご相談ください」などの書面を添えておくのも良いと思います。就業規則にも「会社が認めた場合は、省略できます」旨の文言を入れております、ハイ。

そして、更新でしょうか。
お金を直接扱う職種なら、更新して継続しての身元保証書を提出いただくのも必要です。「信用、信頼のなさ」ではなく、お互い安心して仕事をするためです。

さて、もう一度「金◯◯円」。
今のところアンケート調査も統計の類いもないので、私桑野がお客様に提案しているのは、「年収相当額」か「基本給の12か月分」です。このあたりは、企業様の実情に応じて、実際には決めていただくのが良いですね。

労務相談顧問
就業規則の作成・変更・見直し

追記:「年収相当額にボーナスは入れるのか?」と質問をいただきました。その辺、厳密厳格に算出するものでもありませんので、お好きなように。例えば、昨年実績で見込むとか。賞与は入れないのもアリ。2020年3月27日


大阪社労士事務所

【大阪社労士事務所は、就業規則・労務相談をメイン業務とする社会保険労務士事務所です。】

年次有給休暇の管理、有休の計画的付与制度の導入、働き方改革の支援、就業規則の変更・見直し、各種規程の策定も行っています。
労働条件自主点検表が送付された場合の対応もおまかせください。

ご相談・ご依頼は、ご遠慮なくどうぞ。

電話 06-6537-6024(平日9~18時)
不在時は、折り返しお電話させて頂きます。
または、「お問い合せ」フォームから。

貴社の人事労務の問題点をチェックします

外部から人事労務の問題点を指摘される前に、労働トラブル発生の前に、企業の人事労務問題点を監査します。是非、ご相談ご利用ください。▶人事労務監査
(社会保険労務士は、企業の経営労務監査をサポートします。)

働き方改革の情報も、就業規則見直しセミナー

次回のセミナー開催は、4月6日です。セミナーだけでなく、個別相談の対応も行っています。働き方改革対応セミナーも、同日開催。内容は、「簡単わかりやすい同一労働同一賃金の対応」になります。

「働き方改革の実務対応セミナー」「就業規則見直しセミナー」の講師も承っております。

a:2950 t:3 y:16