「はしか」にかかった従業員、その時会社では?

麻疹(ましん、はしか)が、感染拡大の兆しがあるそうです。
今朝の朝日放送の番組「おはよう朝日です」で、放送していました。

お医者様のコメントによると、麻疹は「最大の感染力」を持つとか。空気感染し、感染力自体も強いので、一気に広まるのだそうです。

冬の季節性インフルエンザでも同じなのですが、従業員から「高熱が出たので、休みます」と連絡があった場合、会社としてどのような対処を取れば良いのか。

労働安全衛生法68条や感染症予防法を持ち出すまでもなく、先の連絡があった場合は、「医院・クリニックに行って」と伝えるはずです。
(単純に風邪か、インフルなのか麻疹なのか、素人判断は危険です。季節性のインフルも麻疹も、第5類感染症で知事等から就業禁止命令は出ません。安衛法では、就業禁止は結核が代表格。)

従業員から自主的に「休みます」と言ってくれれば良いのですが…。

会社が「休め」と言った場合
教科書的には、休業手当を支払うのですが、年次有給休暇を使用するのかどうか、確認しましょう。年休(有休)なら10割支給ですが、休業手当なら6割です。

年休を付与されていない新入社員や、保有日数がない従業員の場合は、感染症との連絡→会社が出勤停止命令→休業手当の支払いになろうかと思います。ただし、現実には、会社風土や慣習・慣例での対応になるのでは。

治ったら出勤させる
感染症であれば、インフル・麻疹にかかわらず、医師の診断書で判断しましょう。厳しい会社や業種によっては、治癒の診断書の提出を義務づけるところもあります。産業医の先生がいらっしゃるなら、その先生のご判断を仰いでいただく。
(じゃあ、風邪ならどうするのと訊きたくなりますが…。年休を使って休む場合は、診断書は本来不要です←取得理由は問われないので。)

では、医師の診断書の費用は、会社持ち?従業員持ち?
就業規則の規定・社内ルールによります…、というあたりで止めます。

ちなみに、出勤停止の期間は、とくに規定がありません。
が、学校保健安全法施行規則を引っ張ってきて、季節性インフルエンザなら「発症した後五日を経過し、かつ、解熱した後二日を経過するまで」とすることもあります。麻疹は「解熱した後三日を経過するまで」です。


麻疹の予防接種は2回が効果的だそうです。
(私は任意世代ですが、自然感染している?)

今の30歳代は1度しか接種されていないようですので、ご注意を。

ゴールデンウィークのすぐ後に、病気で欠勤なんて、イヤですよね。


大阪社労士事務所

【大阪社労士事務所は、就業規則・労務相談をメイン業務とする社会保険労務士事務所です。】

年次有給休暇の管理、有休の計画的付与制度の導入、働き方改革の支援、就業規則の変更・見直し、各種規程の策定も行っています。
労働条件自主点検表が送付された場合の対応もおまかせください。

ご相談・ご依頼は、ご遠慮なくどうぞ。

電話 06-6537-6024(平日9~18時)
不在時は、折り返しお電話させて頂きます。
または、「お問い合せ」フォームから。

サイバー法人台帳への登録・診断のお手伝い

サイバー法人台帳ROBINS by JIPDECさんへの企業情報掲載、ホワイト企業宣言を支援しています。当事務所には、確認者がいますので、企業情報の確認・経営労務診断に対応しています。
https://robins-cbr.jipdec.or.jp/

無期転換ルール・継続雇用の高齢者特例の実務セミナー

無期転換・5年ルールの本格的な実施が来ています。
「無期転換後」の労働条件、どうしますか?
無期転換ルールのポイント」小冊子を配布します。

次回は、6月5日、お申し込みいただけます。

無期転換対応セミナー」「働き方改革・改正労働基準法セミナー」「働き方改革の前に働き方改善を先に・セミナー」の講師も承っております。

a:79 t:1 y:1