定期昇給とベースアップは同じ?

「毎年新聞で読むんだけど、うちの定期昇給はベースアップじゃないの?」
とは、ご近所のお客様から。

賃金制度のテキスト類も持っていますが、堅いので、ネットで検索してみるとすぐに出てきました。
コトバンクより

ベースアップ(ベア) 企業の賃金カーブに基づいて、年齢に応じて賃金がおおむね増えていく定期昇給(定昇)に対し、賃金カーブそのものを底上げする増額方式がベースアップ。 好調な収益を従業員に息長く還元したり、インフレによる所得の目減りを調整したりする効果がある。

ベースアップ=給与の底上げ、定期昇給=個別の昇給、とも表示できます。
(余計に分からなくなりますが。)

その担当部長には、別の説明をしています。
「ベースアップは賃金表の改定・変更です。原資や労働組合の要求に応じて、賃金表を書き換えるのが、一般にベースアップと呼ばれているものと思ってください。」

すると、担当部長から一言。
「うちの会社は、賃金表はありませんよね。それって、ベースアップがないと理解するしかないんでしょうか。」
私「ベアなし、定期昇給・特別昇給だけですね。それとも、賃金表作りましょうか、若干のお金掛かりますけど?」
部長「それ顧問料以外で払うことになるんですよね。桑野さんへのボーナスみたいなもんになるわけですね。社長と相談しますわ。」

他の企業の社長様・経営者様、担当の部長さんあたりから、毎年必ず訊かれて、同じ返答をしているような気がします。

ちなみに、「賃金表の作成」だけならば、そんなに報酬はいただけません。が、作成経験のある方なら分かるでしょうが、賃金表も理屈に則って作成していますし、むしろ等級グレード・評価制度が重要になってきます。賃金規程の変更ももちろん必要です。

ベースアップは「賃金表の書き換え」と覚えておいてください。


大阪社労士事務所

【大阪社労士事務所は、公的保険手続き・給与計算・就業規則・労務相談を行う、ごく普通の社会保険労務士事務所です。】

年次有給休暇の管理、有休の計画的付与制度の導入、それらに伴う就業規則の変更・見直し、各種規程の策定も行っています。

ご相談・ご依頼は、ご遠慮なくどうぞ。

電話 06-6537-6024(平日9~18時)
不在時は、折り返しお電話させて頂きます。

または、お問い合せフォームから。

企業実務向けマイナンバーセミナー

まだまだ、やっています。
実務に振った内容ですので、ムダがありません。個別相談使いができます。

次回開催は、5月2日です。
マイナンバーセミナー」ご確認のうえ、お申し込みください。

また、個別の対応もしております。
お問い合わせからお申し込みください。

無期転換ルール・継続雇用の高齢者特例の実務セミナー

無期転換・5年ルール実施が、一番早いケースであと2年です。
「無期転換後」の労働条件、どうしますか?

4月5日に開催します。

無期転換対応セミナー」から、お申し込みください。