手続きの電子申請化支援の概要

社会保険・労働保険の電子申請化を支援します。

最大のメリットは、「時間」です。
「手間」「費用」も削減できます。(時間短縮による人件費削減が最大です)

また、従業員数が100名を超える規模で、社会保険労務士に手続きを委託している場合は、「社会保険・労働保険手続きの電子申請」の内製化・自社対応をご検討ください。貴社のご担当者が下請け作業のようなことをしている時間・手間に加え、顧問料をお支払いするのは二重払いのようなことです。省力化・省人化が図れます。

※特定の電子申請システムの導入をおすすめする内容ではありません。導入に当たっては、IT導入補助金のご利用もできます。IT導入補助金は、ITコーディネータなどをご紹介させていただきます。

このような企業様にオススメできます

  • 従業員数が100名を越える規模
  • 高年齢者、育児休業取得者が多い(毎月申請手続きがある)
  • 各役所(年金事務所、公共職業安定所)が遠い→郵便利用もあり
  • 給与計算は自社で対応しており、従業員数が50名を超える規模
  • 事業所数が多い

社会保険・労働保険の手続きを電子申請化することで、経験上必要な時間は3割以下になります。

離職票の公文書交付は早くなっていますが、送信後48時間程度は掛かります。

業務の流れ

まずは、▶お問い合せください。
 ↓
貴社の現状をヒアリング
 ↓
貴社に合った電子申請化のシステムをご提案
 ↓
導入、運用

  • 貴社でお考えいただくこと
    • 電子申請化前の担当者の業務分担見直し
    • 送信前決済の方法(書面のときにも決済は行っていましたか?)

料金

  • 電子申請化の相談
    電子申請化に当たっての疑問点解消にご利用ください。
    3万円(60分以内)
  • 電子申請化の導入支援
    貴社要望をベースに、現状の勤怠管理システム、給与計算システム等を考慮して、導入コンサルティングを行います。
    10万円(3日間各日1時間以内程度を想定)

業務の対象エリア

阪急電鉄沿線、大阪メトロ(旧・大阪市営地下鉄)沿線をメインに大阪府・兵庫県・京都府・奈良県。

とくに、大阪市北区・大阪市淀川区・大阪市東淀川区・大阪市西淀川区・大阪市福島区・大阪市西区・大阪市中央区・大阪市都島区・大阪市此花区・大阪市港区・大阪市東成区・大阪市旭区・大阪市城東区・大阪市鶴見区、【大阪府】箕面市・池田市・豊中市・茨木市・吹田市・高槻市・摂津市・守口市・門真市、【兵庫県】尼崎市・川西市・伊丹市・宝塚市。

なお、税理士様や金融機関などからの、ご紹介時は業務エリア・業務受託の可否に関係なく、ご相談等も含め対応させていただいております。

電子申請化支援よくある質問

Q.○○商会やクラウド系の電子申請システムを導入するのと、どう違うのでしょうか?
A.システムの紹介は行えますが、特定のシステムをおすすめすることはありません。システムの導入がメインではなく、その後の運用を見据えた電子申請化支援です。

Q.e-govやGビズIDならば、システムの利用料は無料ですが、そちらを利用しても良いのでしょうか?
A.はい、構いません。ただし、e-gov等を使う場合は、経験上ブラックボックスになる可能性が高いと言えます。ご担当者が異動されると、後のご担当者が使い方を理解するまで相当期間使えなくなることがあります。また、決済も問題となります。
(決済は、いったんPDF保存して決済し、送信作業をすることも考えられます。)
(年間の離職者が2名以下などの場合は、電子申請システムの導入はもったいないです。)
(労働保険料の年度更新に関しては、e-gov等のご利用を推奨しています。ミスをする可能性が低くなるからです。)



a:175 t:1 y:0
since2023/05/24