賞与の支給ゼロでも許される?

今年から新たに労務相談顧問契約をいただいたお客様からの素朴な質問。
「業務効率が悪いようで、残業申請ばかりする社員がいるんですが、残業認めないといけないんでしょうか?」

あれ、賞与・ボーナスの話しではありませんね。

私「残業を認めないのも、有りです。」
社長「そうしたら、仕事終わらないけど?」
私「なら、認めるしかないですね。でも…。」

(就業規則・給与規程で念のため、確認)

社長「そういう社員には、気持ちとしてはボーナス出したくないなあ。」
私「賞与の支給日は、12月○○日ですよね。まだ、査定や賞与計算していないのなら、支給ゼロでもいけますよ。規定では、最低保障とかもありませんし、『支給しないこともある』と明記されていますから。まさか、口頭で保証するとか言ってませんよね?」
社長「そんなん、業績と個人成績次第でしょ!約束するわけないわ。」

●業務効率が悪い、営業成績が悪い、勤務態度が悪いという理由で賞与の査定を下げるのは、可
年次有給休暇の取得日数が多いという理由での賞与査定を下げるのはアウト(一番よく質問される事項です)

●基本的には、賃金規程・給与規程・賞与支給規程に従う。
●評価制度があれば、その評価がベース。主観を入れたければ、評価項目で反映させる。

社長「ゼロにはしないけど。」
私「本人さんに、社長が業務効率についてアドバイスしたり、課長に指導してもらったら良いんじゃないですか。ミーティングもされてるんですよね。」
社長「うーん、課長がなあ…。」

皆さん、優しいですね。



※守秘義務の関係で、内容は脚色しています。


大阪社労士事務所

【大阪社労士事務所は、公的保険手続き・給与計算・就業規則・労務相談を行う、ごく普通の社会保険労務士事務所です。】

年次有給休暇の管理、有休の計画的付与制度の導入、無期転換ルールの対応、それらに伴う就業規則の変更・見直し、各種規程の策定も行っています。

ご相談・ご依頼は、ご遠慮なくどうぞ。

電話 06-6537-6024(平日9~18時)
不在時は、折り返しお電話させて頂きます。

または、お問い合せフォームから。

企業実務向けマイナンバーセミナー

まだまだ、やっています。
実務に振った内容ですので、ムダがありません。

次回開催は、12月5日、午後1時、無期転換ルール対応セミナーの前です。
マイナンバーセミナー」ご確認のうえ、お申し込みください。

また、個別の相談もしております。「特定個人情報等の取扱規程、作成&チェック」「マイナンバー監査業務」も承ります。

無期転換ルール・継続雇用の高齢者特例の実務セミナー

無期転換・5年ルール実施が、一番早いケースで2年を切りました。
「無期転換後」の労働条件、どうしますか?

次回は、12月5日、午後3時に開催します。

無期転換対応セミナー」から、お申し込みください。