就業規則の作成・見直し、残業代対策、労働コンプライアンス、事業承継・IPOの人事労務分野支援の大阪社労士事務所

8/5無期転換ルール対応セミナー:ご報告

8/5無期転換ルール対応セミナー:ご報告

昨日8月5日、午後3時から弊所・株式会社戦略人事研究所共催の「無期転換ルール・継続雇用の高齢者特例の実務セミナー」を開催しました。

参加者様は、2名様で1社様でした。

いつもどおり、セミナー開講前のスナップです。

大阪社労士事務所・無期転換対応セミナー2016-08-05

今回ご参加の方は、またまた有名企業グループの一員様です。(ホームページにそのような記載がありました)一社様のご参加でしたので、個別のご相談に対応する形でのセミナーとさせていただきました。無期転換周辺に関しては、まだ、確固とした企業としての対応方針はお持ちでないようでした。

「個別」でしたので、いつしか無期転換ルールから、話題は休職、欠勤、行方不明など。弊所のお客様もそうですが、どちらの企業様も同じようなお悩みをお持ちなのですね。

契約期間・更新時期についても弊所のお客様であれば、1年が多いのですが、3/1とか3/16、6/1と言うのもあります。

●人事・キャリアの、企業としての考え方の青写真として描けないと前に進めません。(逆の方法=無期転換を容認・否定から入るのは、中小零細企業なら仕方のないことかもしれませんが、本来なら…。)
●情報として、第2種計画認定申請については知っていただきたい。
●人材確保の点からも、早めに無期転換対応を決めなければ、社内説明会や規定の追加・変更などができない。人材募集にも影響がある。(有期契約だから、応募する者もいるようなので、企業様によって事情が違います。)
●5年超の管理が、平成25年4月起算の方は良いものの、それ以後入社した者の契約期間等を管理するのは、非常に大変。

雇用区分ごとの人数の把握、就業規則の有無などを考えると、「まだ1年半もある」ではなく、次回契約更新時期のことも含めると、残された時間はそう多くはないと思います。

次回以降の開催予定

9月以降もやります、1名様でも開講します。1社様だけの参加になってしまった場合は「相談会」使いができます。
なお、次回開催は9月5日です。

内容は、無期転換ルール自体よりも対応の方法、助成金、規定例などを充実させています。規定は、厚生労働省のモデル規定を掲載しているのでなく、別のものです。


大阪社労士事務所

【大阪社労士事務所は、公的保険手続き・給与計算・就業規則・労務相談を行う、ごく普通の社会保険労務士事務所です。】

年次有給休暇の管理、有休の計画的付与制度の導入、無期転換ルールの対応、それらに伴う就業規則の変更・見直し、各種規程の策定も行っています。

ご相談・ご依頼は、ご遠慮なくどうぞ。

電話 06-6537-6024(平日9~18時)
不在時は、折り返しお電話させて頂きます。

または、お問い合せフォームから。

企業実務向けマイナンバーセミナー

まだまだ、やっています。
実務に振った内容ですので、ムダがありません。個別相談使いができます。

次回開催は、少し先の11月です。
マイナンバーセミナー」ご確認のうえ、お申し込みください。

また、個別の対応もしております。
お問い合わせからお申し込みください。

無期転換ルール・継続雇用の高齢者特例の実務セミナー

無期転換・5年ルール実施が、一番早いケースで2年を切りました。
「無期転換後」の労働条件、どうしますか?

次回は、9月5日に開催します。

無期転換対応セミナー」から、お申し込みください。

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional