定時決定時の調査と、聞きにくかった質問

昨日は、兵庫県のお客様の調査のために、単独で東灘年金事務所へ行って参りました。

滅多に役所の写真は撮りませんが、何かの記念に。
大阪社労士事務所・定時決定時の調査@東灘年金事務所

調査は、総合調査だけでなく、定時決定時調査でも現地=年金事務所(周辺含む)に足を運ばないといけないので、面倒ですね。
(大阪社労士事務所では、顧問先様の調査関係は同行または単独で対応しています。)

座って、10分もせずに終わってしまいました。
ただ、一通りの持参資料、賃金台帳、所得税徴収高計算書はチェックされました。過去の資格喪失者のチェックもされましたが、もちろん問題無しです。



さて、少し普段は聞きにくいことを、担当官の方に質問。
「役員さんだと、給与・賃金と役員報酬の両方が出ることがありますよね。そういう場合、片方だけで算定基礎届を出すのって、有りですか?」

担当官、一瞬固まって…。
「ココ(今、調査の終わった会社)じゃないですよね? もちろん、合算ですよ。」

他にお待ちの方がいないのを確認して、別の質問もしてみました。
「出向って、元なのか先なのか、どっちで健康保険証持つんですか?」

担当官さん、ニコッと。
「もとの出向契約って言うんですか、それによって違いますから。報酬の支払いにも因りますよね。」

最近、お客様などから相談を受けていた件も、すっかり解決しました。
(「こんな常識的なこと」知っていて質問したと言われそうですが、念のため、です。)

まだ、社会保険の調査は、来月判明分だけで3件あります。


※東灘年金事務所で調査を受けたのは事実ですが、
調査以外の内容・表現に関しては守秘義務の関係等で事実とは異なります。


大阪社労士事務所

【大阪社労士事務所は、公的保険手続き・給与計算・就業規則・労務相談を行う、ごく普通の社会保険労務士事務所です。】

年次有給休暇の管理、有休の計画的付与制度の導入、無期転換ルールの対応、それらに伴う就業規則の変更・見直し、各種規程の策定も行っています。

ご相談・ご依頼は、ご遠慮なくどうぞ。

電話 06-6537-6024(平日9~18時)
不在時は、折り返しお電話させて頂きます。

または、お問い合せフォームから。

企業実務向けマイナンバーセミナー

まだまだ、やっています。
実務に振った内容ですので、ムダがありません。個別相談使いができます。

次回開催は、少し先の11月です。
マイナンバーセミナー」ご確認のうえ、お申し込みください。

また、個別の対応もしております。
お問い合わせからお申し込みください。

無期転換ルール・継続雇用の高齢者特例の実務セミナー

無期転換・5年ルール実施が、一番早いケースで2年を切りました。
「無期転換後」の労働条件、どうしますか?

次回は、8月5日に開催します。

無期転換対応セミナー」から、お申し込みください。