マスクを外さない新入社員

「新卒の社員が、マスクを取らないんです。何かできますか?」
と、少ない弊所のお客様の2社から、ほぼ同じご相談。

事情を伺うと、次のようなこと。

  • 入社式には、マスクを外した状態で出席・参加
  • 入社式が終わったら、マスクを着用
  • 「花粉症・風邪か?」と質問すると、「いいえ」と返ってくる
  • 瞬間、マスクを外すが、気が付くとまた着用

配属された部署の管理職や先輩社員が心配して、声を掛けるけれども、「花粉症ではない」「健康の問題はありません」と新入社員。今すぐ困ることはないのだが、マスク着用の理由を聞いても、「とくにありません」と…。辞められると困るので、またパワハラと言われない用心のため、それ以上は訊けないし、指導もできないという状況で、人事総務の担当部長に相談して。

外部の方と接触・接客の多い職種・少ない職種、業種で、傾向は見つけられませんでした。新卒ですが4月入社ではありません、誤解のないように。

部長「ウチとしても困るので、就業規則を見たんですが。何か、該当条文ありますか?」
私「うーん、服務規律にはストレートに『マスクを外せ』とは書いていません。職場秩序、かなり難しいですね。例えばスーパーマーケットのレジ打ちの人でもマスクしてますし、接客ですし。」
部長「職場の秩序、そうですね。遅刻もしないし、仕事の指示自体はよく聞きますし、素直なんですが。」
私「今、調べます。(グーグル検索)『伊達マスク』『マスク依存症』と出て来ますね。心の病気とも出てますが、今の状態では何とも。」
部長「……。」

どのようにアドバイスをしたのか。
就業規則・ルールでズバリは無いので、常識的なアドバイスをさせていただきました。

人事労務の相談、常に「規則」だけで解決できるとは限りません。
では、解決=マスクを外したのか?
一部解決したと書けます。

弊所の「労務相談」では、このようなことも解決の方向に導きます。ご利用ください。

※守秘義務に違反しないように、掲載内容に関しては多少脚色しています。


大阪社労士事務所

【大阪社労士事務所は、公的保険手続き・給与計算・就業規則・労務相談を行う、ごく普通の社会保険労務士事務所です。】

年次有給休暇の管理、有休の計画的付与制度の導入、それらに伴う就業規則の変更・見直し、各種規程の策定も行っています。

ご相談・ご依頼は、ご遠慮なくどうぞ。

電話 06-6537-6024(平日9~18時)
不在時は、折り返しお電話させて頂きます。

または、お問い合せフォームから。

企業実務向けマイナンバーセミナー

まだまだ、やっています。
実務に振った内容ですので、ムダがありません。個別相談使いができます。

次回開催は、5月2日です。
マイナンバーセミナー」ご確認のうえ、お申し込みください。

また、個別の対応もしております。
お問い合わせからお申し込みください。

無期転換ルール・継続雇用の高齢者特例の実務セミナー

無期転換・5年ルール実施が、一番早いケースであと2年です。
「無期転換後」の労働条件、どうしますか?

6月6日に開催します。
(業務の都合で、6月3日に変更する場合があります。)

無期転換対応セミナー」から、お申し込みください。