就業規則の作成・見直し、残業代対策、労働コンプライアンス、事業承継・IPOの人事労務分野支援の大阪社労士事務所

会社が新型インフルエンザで従業員に自宅待機を命じる

会社が新型インフルエンザで従業員に自宅待機を命じる

「新型インフルエンザに、従業員がかかったようだ。」
「店舗なので、感染源になりたくない。従業員にも罹って欲しくない。」

そうお思いの経営者様、人事総務のご担当者様も少なくないと思います。

■労働基準法の規定では、会社の都合により従業員を休業させるときは平均賃金の6割の「休業手当」を支払う義務が生じます。

ただし、現実には「年次有給休暇」(10割支給)の使用を認めるのかどうか、従業員さんと話し合いをしていただくのが良いでしょう。

■従業員の家族が、新型インフルエンザに罹った場合は、その旨報告してもらえるよう連絡網を整備します。

■保健所・自治体より、休業の要請があれば、「休業手当」の支払いは必要ありません。

もちろん、「休業手当」の支払いについて就業規則で別の定めをしている場合は、その規定に従います。

BCPは、インフルエンザだけではありませんが。

なお、注意しないといけないのは、就業規則のおそらく後ろの方、安全衛生の章や項で「伝染病」と規定されている企業様の場合です。就業規則の規定が古いのです。

今は、「感染症」なのです。

「法定伝染病」とあれば、就業規則自体の見直しが必要です。
忘れがちな部分ですので、一度見直してみましょう。

就業規則の見直し、変更やっています。
大阪社労士事務所

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional