就業規則の作成・見直し、残業代対策、労働コンプライアンス、事業承継・IPOの人事労務分野支援の大阪社労士事務所

社会保険庁の解体で何が変わるか

社会保険庁の解体で何が変わるか

大変だと騒いでいる方や社会保険労務士も多いようですが、一体全体何がどう変わるのか、国民にとってメリットは何なのか。

結論
おそらく何も変わらない。ではなく、むしろデメリットが多いような気がする。それは、健康保険と公的年金で完全に別組織にすること、つまり管理費用がかさむこと。官僚はもちろんそのあたりも考えているでしょうが、管理部門の手間や費用がかさむのは、仕方が無いことだと思われます。そして、管理関係のアウトソーシングも打ち出してくるのは見えてくるでしょう。

結果、低価格の受注者つまりは低賃金の従業員に跳ね返ってくる、という図式が見えてきそう。

社会保険庁の分割解体以前より事態は悪くなってくるのだろうか。小振りなトップが増える。社会保険事務所の建物はどうするのか。今年すでに新築移転する事務所もあるというのに。来年度予算で、庁舎営繕費はどうなっているのか。

国民にとってのメリットは少なく、情緒的に「分割決定!」となったような気がしてならない。

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional