就業規則の作成・見直し、残業代対策、労働コンプライアンス、事業承継・IPOの人事労務分野支援の大阪社労士事務所

給与計算のアウトソーシングは法律違反

給与計算のアウトソーシングは法律違反

給与計算が、どういう法律に基づいて行われているか、ソレを考えればよいだけです。

給与計算は、労働基準法により行われています。
詳細は施行規則などで決められています。

一方、社会保険労務士は社会保険労務士法により、労働基準法に関しての唯一の資格です。

賃金台帳が労働基準法に基づいて作成されるため、給与計算事務をアウトソーシングする事が、社会保険労務士法違反、明らかに法律違反です。

社会保険労務士法も法律である以上、コンプライアンスを正面切って謳う企業は、給与計算や社会保険労働保険事務を社会保険労務士以外に外注するのは、法律違反と認識し、止めるべきです。

とくに上場企業なら、この明らかな法律違反は株主総会で指摘される可能性も含め、自らが何をしているのか理解してもらいたいと思います。

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional