就業規則の作成・見直し、残業代対策、労働コンプライアンス、事業承継・IPOの人事労務分野支援の大阪社労士事務所

CSRとは

CSRとは

 CSR(Corporate Social Responsibility)とは、一般に「企業の社会的責任」を意味します。具体的には、企業は社会的存在として、最低限の法令遵守や利益貢献といった責任を果たすだけではなく、市民や地域、社会の顕在的・潜在的な要請に応え、より高次の社会貢献や配慮、情報公開や対話を自主的に行うべきであるという考えのことをいいます。

 先進国では社会が豊かになるに従い、経済的成長以外のさまざまな価値観が育まれ、企業評価の指標として、法律や制度で決められた範囲を超えて“よりよい行動”をすることを望ましいとする傾向が生まれています。

 そこで企業がこうした社会的要請に応えることは、社会的行動の不足や欠落が招くリスクを回避するとともに、社会的評価や信頼性の向上を通じて経済的価値を高めることができると認識されるようになってきています。

 実際の活動内容はさまざまで、典型的なCSR活動としては、次のようなものがあります。

  • 「地球環境への配慮」
  • 「適切な企業統治と情報開示」
  • 「誠実な消費者対応」
  • 「環境や個人情報保護」
  • 「ボランティア活動支援などの社会貢献
  • 「地域社会参加などの地域貢献」
  • 「安全や健康に配慮した職場環境と従業員支援」

 従来的には「関連法規の遵守やコンプライアンス」「よい製品・サービスの提供」「雇用創出・維持」「税金の納付」などを含める方向にあります。

 その普及の直接的な要因としては、株式市場や格付機関が企業評価の尺度としてCSRの視点を取り入れるようになってきていることが挙げられます。英、仏、独などでは年金の投資先評価の際に、環境・社会・倫理面の評価を法律で義務付けています。

 CSRの視点を取り入れた投資のあり方を「社会的責任投資(SRI:socially responsible investment)」といいますが、環境対策や法令遵守、企業統治などを基準に投資先を選定した投資信託商品も発売されています。

 日本においては企業や経済団体が主導的に活動しており、日本経団連「企業行動憲章」/経済同友会「自己評価ツール」などが提示されている。日本規格協会には「CSR標準委員会」が設置され、ISO(国際標準化機構)の動きに対応した形で日本規格作りが進められています。



a:2313 t:2 y:0

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional