賃金表の作成

賃金表の作成の料金目安(源泉税引き前、消費税は別途お預かりします)
基本料金 5万円
基本料金+1回変更付き 8万円
従業員データ(氏名、生年月日などの労働者名簿と同様のデータ+給与データ)は、エクセル、テキスト、csvでお渡し願います。

社長が作るカンタン人事評価制度

  • 【概要】
    社長の気持ちを最大限取り入れた人事評価制度です。大阪社労士事務所オリジナルです。昇給、昇格はもちろん、ボーナスや社内活性化のためにも、最適なツールです。シンプルな評価制度なので、用途や必要に応じ変更可能。また、本格的な人事評価制度、コンピテンシー評価制度などへの応用も比較的簡単です。従業員数100名様までの企業に最適。
  • 【目的】
    「社長は、何を基準に従業員を評価しているのか」と言う、小企業零細企業にありがちな、コミュニケーション不足を補い、評価基準を明確にします。
  • 【作成期間】
    3カ月以内に導入可能。テストランを含め、最速6カ月後には実際に運用していただけます。
  • 【料金】
    • 従業員数30名様まで 20万円
    • 従業員数31〜50名様 30万円
    • 従業員数51〜100名様まで 45万円

「」の概要


業務の流れ

このような場合


料金

(この料金は、目安です。)

移行手続のご依頼
移行処理(解約処理)、従業員説明等を行います。企業様内部の処理以外は全てお任せいただけます。
料金
次の3つのプランがあります。ご選択いただけます。
一括計上タイプ
基本料金10万円+従業員1名あたり8,000円
(最低30万円)
顧問料タイプ
1回訪問・作業あたり 5万円(契約期間4カ月から)
スポット契約タイプ
1回訪問につき 50,000円
書類作成(規定以外) 3万円+従業員1名あたり1,000円
退職金規程の変更作成 20万円から
 
※ポイント制退職金制度の導入は、30万円から。所要期間は、この制度の導入だけで2カ月は見込んでください。
適格年金移行コンサル・退職金制度改革コンサルティングの場合、総費用(コンサルティング料のみ、規定作成等除く)は目安として30~100万円です。

適格退職年金の相談をされる場合

次の書類をご準備ください。全てコピーでお願いします。チェック・記入を行いますので、ご返却できません。

  • 労働者名簿、最近の賃金台帳または給与支払一覧表(エクセルデータまたはテキストデータで)
  • 適格年金の決算書(委託先の生命保険会社から送られているか、ない場合はそちらへご請求ください)
  • 退職金規程(退職一時金・退職年金)、退職年金規程
  • 賃金規程
  • 職能資格制度などの人事制度を導入されている場合は、それらの規程・運用マニュアル等
  • 決算書(貸借対照表・損益計算書、直近2期分)


≪≪ 戻る

お電話なら、06-6537-6024
(平日 午前9時から午後6時まで)



a:2045 t:1 y:0