規模別、人事労務のポイント

従業員数が10名と1000名の企業では、人事労務に関する考えが違って当然です。労働安全衛生法を始めとする労働法では、従業員数に応じ義務が異なることがあります。従業員数が10名になれば、就業規則の作成と労働基準監督署への届け出が義務であるのは誰もが知るところ。

ただし、労働基準法では、ごく一部を除き、従業員数に関係なく法律の適用は同じと考えても差し支えないでしょう。つまり、小規模な企業ほど、ハードルは高いのかも知れません。


参考になります



a:3321 t:2 y:2