大阪社労士事務所プライバシーポリシーについて
(個人情報の取扱いに関して)

個人情報について

このプライバシーポリシーに述べられている「個人情報」とは、お客様の氏名、住所、電話番号、電子メールアドレスなど特定の個人を識別することができる情報をいいます。ウェブサイトでは、労働相談・その他のお問合せ等をしていただく際に、お客様の個人情報が当事務所に収集されることがあります。当事務所による個人情報の収集は、あくまでお客様の自発的な提供によるものであり、お客様が個人情報を提供された場合は、当事務所がこのプライバシーポリシーに則って当該個人情報を利用することを、お客様が許諾したものとします。ご同意いただけない場合には、いかなる個人情報も提供されないようお願いいたします。個人情報の提供は、当事務所が提供する一部のサービス利用の条件となっている場合があります。

収集した個人情報の利用について

個人情報を収集する場合には、収集の目的を明確にします。またその利用につきましては、当初明示した目的の達成に必要な範囲内で利用します。

クッキーについて

当事務所ウェブサイトではクッキーを一部使用しております。クッキーとは、個人情報の代わりに任意の文字が書かれた小さなテキストファイルのことで、当ウェブサイトを訪問した時に、当ウェブサイトのウェブサーバーとお客様のインターネット閲覧ソフト(ブラウザ)との間でやりとりし、お客様のコンピュータのハードディスクドライブに保存されるものです。クッキーに書かれた文字を活用することで、より適切なサービス・コンテンツをお客様にご提供することができます。お客様のブラウザの設定により、事前にクッキー使用サイトであることを表示したり、受け取りを拒否することができます。お客様がクッキーを使用しない設定としている場合、当ウェブサイトで使用できる機能については制限される可能性がありますのでご了承下さい。なお、これらの機能に関する情報は、ご使用のブラウザの「ヘルプ」をご覧ください。

アクセスログ・ファイルについて

当事務所は、当ウェブサイトの利用傾向の分析、サイトの管理、ユーザー動向の探知、また集合的な使用の為の幅広い人口統計学的情報の収集に関してアクセスログ・ファイルを使用します。これにより、当事務所は、訪問されたページ、ページ滞在時間、サイトにアクセスする直前の場所、ユーザーのページ移動遷移の傾向ならびにブラウザおよびオペレーティング・システム等についての統計的なサイト利用情報を得ることができますが、個人特定情報の収集のために利用することはありません。

個人情報の共有について

当事務所は、お客様の個人情報を、原則として、お客様の許可なく第三者と共有することはありません。

個人情報の削除について

当事務所は、明示された利用目的を達成したお客様の個人情報につきましては、取得時にその旨を明示し、一定期間経過後、削除いたします。この削除されたデータにつきましては、後日お客様から、開示・変更の申し出があっても、対応できませんので、ご了承お願いいたします。

リンクについて

当ウェブサイトは、いくつかの外部サイトへのリンクを含みますが、プライバシー情報を共有するものではありません。リンク先ウェブサイトにて行われる個人情報の収集に関しては当事務所では一切責任を負えませんので、リンク先ウェブサイトの個人情報取扱内容を必ずご参照下さい。

免責事項について

当事務所は、本人の許可なく第三者にプライバシー情報を開示いたしません。ただし裁判所、警察、消費者センターまたはこれらに準じた権限を持った機関から合法的な要請がある場合は、これに応じて情報を開示させていただきます。

個人情報の変更について

当事務所が保有しているお客様の個人データが正確でない場合、あるいはデータの削除を希望される場合は、ご本人様からの申し出により、データの修正、更新あるいは削除を致します。ただし、第三者による個人情報の改ざんを防止する為、ご連絡いただいた方がお客様ご自身であることを当事務所にて確認できた場合に限り、合理的な範囲で対応させていただきます。

プライバシーポリシーの更新について

このプライバシーポリシーを変更する場合は、当ウェブサイトの新着情報に掲載し、告知いたします。プライバシーポリシーは定期的にご確認下さいますようお願い申し上げます。

プライバシーに関する意見・苦情・異議申し立てに関して

お客様が、当ウェブサイトで掲示したプライバシーポリシーを、当事務所が遵守していないと思う場合には、お問合せを通じて当事務所にまずご連絡してください。内容確認後、折り返しメールでの連絡をした上で、適切な処理ができるよう努めます。

お問合せ

当事務所は、「プライバシーポリシー」についてのご意見、ご感想をお待ちしております。

社会保険労務士法による守秘義務

(開業社会保険労務士の使用人等の秘密を守る義務)
第二十七条の二

開業社会保険労務士又は社会保険労務士法人の使用人その他の従業者は、正当な理由がなくて、その業務に関して知り得た秘密を他に漏らし、又は盗用してはならない。開業社会保険労務士又は社会保険労務士法人の使用人その他の従業者でなくなつた後においても、また同様とする。



a:2830 t:2 y:0